2014年12月09日

日本を責めることを目的に慰安婦像の建立活動が続いている!

f0107398_1349471.jpg

ソウルの日本大使館前では、1994年から慰安婦に対して日本に謝罪と賠償を要求する水曜デモが毎週水曜日に開催されている。

そしてデモが1000回を迎えた2011年12月14日に、大使館前に反日団体・韓国挺身隊問題対策協議会によって慰安婦像が建造された。

韓国側の活動はこれに留まらず、今度はアメリカでも慰安婦像の建造に向けて動き出し、韓国系の市民が多く、韓国人の影響力が強いエリアに慰安婦像が建造しようと積極的な活動を続けている。






その結果、カリフォルニア州グレンデール市などには慰安婦像が建造されることになった。

また、オーストラリアのストラスフィールドなどでの建造も目論んでいる。

世界中に慰安婦像を建てることで、慰安婦問題を国際化して、日本から謝罪と賠償を求める声をより大きなものにしようとしているようだ。

この動きに対してインターネットでは「関係のないアメリカに建造してどうするつもりだ」といった声のほか、「気持ちが悪い」とのやり方を非難する声、さらに「日本政府は遺憾の意を表明するだけじゃなくて、積極的に慰安婦問題の嘘を拡散しなくては駄目だ」という意見も多い。

  
posted by ダーマン at 22:00| Comment(0) | 慰安婦像 | 更新情報をチェックする

堂々と捏造記事を掲載して日本を貶める朝日新聞!

20120504080542665.jpg

平成元年、沖縄県西表島で朝日新聞のカメラマンが珊瑚賞に落書きをして写真を撮影。

「沖縄県西表島のアザミサンゴに落書きがあることを発見した」として「サンゴ汚したK.Yってだれだ」と題した記事を掲載した。

その直後、地元の竹富町ダイビング組合が「サンゴにこれまで傷は全くなかった、この落書きは取材陣によるものではないか」との抗議を寄せたことにより、この記事が捏造だったことが発覚したのである。






この事件は朝日新聞の報道姿勢を疑う象徴的な事件として、インターネット上でも語り継がれており、掲示板では「こんな新聞社に安倍政権を批判する視覚があるのか!」といった書き込みも目に付く。

また無闇矢鱈に安倍政権を叩く記事とこの事件を照らし合わせて「どこまで日本を貶めたら気が済むんだ」といった書き込みから、「朝日新聞は解体あるのみ!」といった書き込みまであることから、国民の朝日新聞に対する不信感、そして怒りを存分に感じ取ることができるのである。

  
posted by ダーマン at 21:00| Comment(0) | 朝日新聞 | 更新情報をチェックする

サムスン パクリメーカーの劣悪な商品に世界が気付いた!?

samsung_ATIV_S_1.jpg

韓国最大の電子製品メーカーであり、中でもスマートフォンは世界中で売れていた。

しかし製品の多くは他国のメーカーの技術を盗んでいるから、米アップル社などから訴訟を起こされるなどトラブルが絶えない。

また多くの製品は劣化コピーであることが世界で知られつつあり、売上は激減しているようだ。






そしてサムスンを始めとする韓国の財閥企業は、部品を製造できないことに問題があり、その多くを日本などからの輸入に頼り切っているため、売れれば売れるほど他国が儲かるという状態に陥っている。

さらに株のほとんどは海外の資本家に握られていることから、サムスンが巨大ブランドに成長したところで、韓国の国民が潤うことがない。

日本は20年にわたって続くデフレの影響で円高が続いたため、日本企業は海外市場でサムスンに売上を奪われてきた。

それだけではなく、サムスンは日本の技術者の引き抜きを続けたため、日本人の多くはサムスンに対して怒りを感じているのが現状だ。

そのためインターネットなどでは「サムスンの製品は買うな!」といった声が多いが、そもそも日本経済が立ち直れば、世界的に信用のある日本製品が売れることは間違いないことから「サムスンを潰すためにはデフレ脱却すればいい」といった冷静な声もあるようだ。

  
posted by ダーマン at 18:00| Comment(0) | サムスン | 更新情報をチェックする

遂に吉田証言の虚偽を認めた朝日新聞だったが……!?

大東亜戦争時、「日本は軍の主導の下で朝鮮人女性を強制連行して慰安婦にした」というつくり話を作家の吉田清治が広めた。

そして朝日新聞もこの「吉田証言」を肯定し続けた。

しかし今年8月5日付の同紙の1面において、編集担当・杉浦信之の署名で「慰安婦問題の本質直視を」と題したコラムで、遂に証言の虚偽を認める記事を掲載した。

しかし反省を述べることはなく、言い訳と反論に終始する内容だったため、インターネット上では怒りの声を上げる国民が増えることになった。






多くは「これを機に一気に朝日新聞を廃刊に追い込もう」といった類いのものであり、慰安婦問題に限らず、反日的な報道を繰り返してきた同紙に対する国民の鬱憤が爆発する結果となった。

また「朝日新聞がこのまま引き下がるとは思えない。新たな一手を打ってくるかもしれない」と、今後の朝日新聞の動向に対して注視を呼び掛ける声も相次ぐことになった。

多くの国民から敵視されている同紙に未来はあるのだろうか?

  
posted by ダーマン at 17:00| Comment(0) | 朝日新聞 | 更新情報をチェックする

与党を責めるだけでは国民から嘲笑され続ける!

野党時代に自民党を責めることで存在意義を示していた民主党だったが、自民党の不正・不祥事などについて糾弾すると、後に民主党も同様のことをしていたという事実が発覚し、自民党を責めていたつもりが民主党に降り掛かってくるケースが多いことから、インターネットではブーメラン政党として揶揄されることになった。

具体例を出すと、自民党に年金未納問題を追求していた菅直人代表だったが、その直後に自身の未納が発覚して代表を辞任することになったこともあった。

その他にも様々なブーメランが炸裂したことから、国会で民主党が何かを追求する度に「ブーメランが発動するはず」と嘲笑されることが定番となっているようだ。






またそれは民主党が政権を取った後も同じで、自民党の政権運営を散々批判していたにも拘らず、失政を重ねることで自民党時代よりも酷い政権運営を行ったことから、最大のブーメランを受けることになったのだった。

自民党を批判するだけではなく、自身を顧みて襟元を正さない限り、今後もブーメラン政党と嘲笑されることが続くだろう。

  
posted by ダーマン at 17:00| Comment(0) | 民主党 | 更新情報をチェックする

南京大虐殺 捏造された歴史問題で日本を追い詰めるのが最大の目的!

20120220163646.jpg

南京大虐殺とは、1937年に日本軍が中華民国の首都・南京を占領したときに、中国軍の兵士や一般市民を虐殺したとされる事件。

中国は中国系アメリカ人による団体『世界抗日戦争史実維護連合会』などと結託して、この事件を国際問題化することで日本を糾弾しようと目論んでいるようだ。

しかし当時の新聞などを見ると、中国兵の悪事に辟易していた市民が日本軍を熱く迎え入れる写真が掲載されていたり、イギリス系の新聞『ノース・チャイナ・デイリー・ニュース』には日本軍の兵士が市民に食糧などを配給している写真が掲載されていることから、当時日本軍と市民は良好な関係を築いていたことが想像できる。






また中国側は数十万人の市民が犠牲になったと主張しているが、日本軍が南京を占領する前の人口は20万人、その数カ月後には25万人に増加したという記録も残っているため、中国側の主張は明らかに矛盾している。

中国の言い分には他にもおかしな点が多くあるため、要は南京大虐殺を外交カードとして利用して、日本よりも優位に立ちたいというのが中国の本音なのだろう。

「中国の主張は無視するべきだ」と言うネットユーザーは多いようだが、中には「慰安婦問題のように国際問題化してはならない」とか「政府は国際社会に中国が嘘をついていることを喧伝すべきだ」と、この問題を放置することで、国際社会で真実とされてしまうことを危惧している者も多い。

  
posted by ダーマン at 12:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

ライダイハン問題 自国の蛮行を忘れ日本のみを責める韓国に鉄槌を!

1960年12月に勃発したベトナム戦争では、韓国も多くの兵士を派兵した。

するとこの兵士たちの一部は、現地のベトナム人女性に強姦を繰り返した。

そのため、ベトナムでは韓国人との混血児が産まれることになってしまったのだが、その子供たちは「敵軍の子」と迫害されることになってしまったのだ。

このような悲劇が明るみになっても、韓国政府は謝罪も賠償はしていない。

その一方で慰安婦問題では日本を糾弾しているのだから、ベトナム人のみならず、日本人にも怒りを感じている者が多い。






インターネット上では「慰安婦問題で韓国が文句を言ってきたら、ライダイハンに触れればいい」といった意見が多いようだが、それだけではなく、「ライダイハンを国際社会に周知させることで、韓国がどのような国であるのかを広めるべきだ」という声や、「ベトナムと結託して事実を徹底的に究明することで、慰安婦問題も解決に導こう」という建設的な意見も飛び交っている。

  
posted by ダーマン at 09:00| Comment(0) | ライダイハン | 更新情報をチェックする

慰安婦に続き原発の風評被害で日本を貶めるつもりなのか!?

吉田調書

今年5月20日付の朝日新聞において「原発所員、命令違反し撤退」と題した記事が掲載された。

また、ホームページでも吉田調書の要約版を日本語と英語で掲載。

公開福島第一原子力発電所所長だった故・吉田昌郎氏の調書「吉田調書」を入手したとされるスクープとされ、「命令を聞かず、吉田氏の指示の下、原発所員の9割が撤退。






その直後から放射線量が急上昇し、事故対応が不十分になった」という内容だった。

しかし2011年7月から約4カ月にわたって政府が行った吉田氏への聴取の結果書によると、吉田氏が撤退を命令したなどという事実はなく、事故後に吉田氏に何度も取材を行っていたジャーナリストの門田隆将氏も朝日の記事を明確に否定、さらに事故当時、現場にいた記者たちも否定している。

当然インターネット上でもこの記事を疑う者が多く、慰安婦問題を国際問題化にした朝日の捏造記事を引き合いに出し「原発事故による放射線の恐怖を世界に煽ることで、朝日新聞はまた日本を貶めようとしているに違いない」といった声が噴出し、不買運動の呼び掛けが盛んに行われているようだ。

  
posted by ダーマン at 08:00| Comment(0) | 朝日新聞 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。