2014年12月10日

韓国の実効支配が続く竹島奪回は日本の使命!

83ff0b3b.jpg

1946年1月のGHQの通達では、「マッカーサーライン」が敷かれ、日本の行政が及ぶ領域として竹島が除外されていた。

しかし日本政府が抗議したため、その後ディーン・ラスク国務長官が提出した「ラスク書簡」において、当時日本を占領していたGHQは正式に竹島を日本の領土として認めた。

しかし1952年に朝鮮戦争が停戦し、韓国が建国された際に、初代大統領に就任した李承晩は勝手に「李承晩ライン」を制定、竹島を韓国の領土としたのだった。






すると韓国は島を占領するために強行策を採り始め、竹島近海で漁をしていた日本人漁民を拿捕するなどして、竹島占領に至った。

1965年に締結された日韓基本条約では、とりあえず竹島領土問題は棚上げにされたが、韓国は90年代に入ってから竹島の開発を始め、現在では中型船が停泊できる船着場やヘリポートまで完成した。

また、島内には常に海洋警察が駐留するなど、実効支配を強めているのだ。

そして2011年には李明博前大統領が上陸、改めて竹島が韓国の領であることを主張したのだった。

しかし竹島が韓国領であるとして韓国が持ち出した資料はどれも信憑性に乏しく、逆に日本には竹島が日本領であることを明確に示す文献、地図が数多くある。

そのため日本は国際司法裁判所での係争を呼び掛けたことが何度かあったが、裁判になれば自国が負けるとわかっているためか、韓国は「裁判を必要性はない」という姿勢を崩すことはない。

安倍政権が発足してからは、竹島が日本領であると主張する動画をネットで配信するなど、問題解決に向けて少しずつ動き出しているが、肝心の韓国が議論に参加してくれないため、ネットでは「韓国のやり方は狡猾だ」とか「竹島が日本領であることがバレるのが恐いんだろう」と徹底的に糾弾するユーザーが多い。

  
posted by ダーマン at 21:00| Comment(0) | 竹島問題 | 更新情報をチェックする

尖閣問題 資源とシーレーン確保のために尖閣を狙う中国!

140917-0-01.jpg

日本が実効支配を続けている尖閣諸島の領有権を巡って、中国と台湾の間に抱えている領土問題。

中でも海洋進出を掲げる中国は近年、尖閣の奪取のために強引な手法を採り始め、漁民とされる中国人を魚釣島に上陸されたり、尖閣近海に公船を航行されるなどしている。

そして遂には2010年9月7日には、尖閣付近で操業していた中国漁船が、それを取り締まろうとした海上保安庁の船に意図的に衝突してくる事件が発生した。

ちなみにこのときは民主党の菅直人政権であり、終始弱腰な態度に終始し、中国漁船の船長を処罰することなどなく送還したことによって、外交的には中国に敗北することとなった。






尖閣諸島がどこの領土でもないことを確認した上で、1895年に日本は領土に編入した。

中国が尖閣を日本の領土と認める古い資料、新聞も残っている。しかし1970年代に尖閣周辺に資源があるとわかった後に、中国は領有権を主張してきたこと。

また尖閣を占領することで、シーレーンを確保したいという狙いもあるようだ。

中国は尖閣のみならず、沖縄の領有権までも訴えていることなどから、インターネットでは「日本もチベットやウイグルのように占領されてしまう」という意見を始め、「防衛費を拡大して自衛官の増員。尖閣付近に自衛隊を常駐させるべきだ」といった具体案まで飛び交っている。

  
posted by ダーマン at 18:00| Comment(0) | 尖閣問題 | 更新情報をチェックする

韓国経済の危機とパク・クネ政権

won_300x225.jpg

韓国経済が危機的な状況にあるという。

実際のところ、ここ数年実質GDPは下がり通しである。

原因としては、内需の不振、ウォン高・ドル安・円安といった世界経済の動向などが上げられる。

家電や車など、輸出産業がメインの韓国では、海外で物が売れなくなると経済は一気にガタガタになる。

国内の需要が少ない状況では影響もなおさらだ。






しかし、それ以上に問題なのが、パク・クネ政権のリーダーシップのなさである、との意見も一部で囁かれている。

危機的な経済状況をなんとか打開しようと、いくつかの政策を打ち出してはいるものの、どれも十分に施行できなかったり、仮に何とか施行にこぎ着けたとしても、思うような成果が得られない……といった状況が続いているという。

「過去にこだわるばかりの国に未来はない」「日本批判ばかりの大統領で経済が回るはずがない」など、ネット上では厳しい意見が目立つが、どれも言い得て妙である。

今まであれだけ日本を貶めてきたのだから、これもある意味天罰と言えよう。

  
posted by ダーマン at 16:03| Comment(0) | 韓国経済 | 更新情報をチェックする

蒸し返し国家韓国の新たなカード、「徴用工」

「徴用工問題」という言葉をご存知だろうか。

これは戦時中、朝鮮半島から日本へと動員され、工場などで工員として働かされていた韓国人ら(=徴用工)への賠償をどうするか、という問題である。

正式には1965年の国交正常化の際、協定が結ばれ、一度解決しているはずなのだが、近年韓国がこれを蒸し返してきて、毎度おなじみの「謝罪と賠償」を要求している、というのがその大まかな経緯である。

過去のことを一々ほじくり返しては利益を得ようとするその厚顔無恥っぷりは、苛立ちを通り越して羨ましくなってしまうくらいだが、有名日本企業300社が目を付けられているとなればそうも言っていられない。






「条約を無視して賠償を求める韓国に日本国民は激怒している!」という書き込みが、事態を端的に物語っていると言えるだろう。

「徴用工」をめぐって、過去の日本の行いに問題があったかもしれない、という主張はまだ認められる。

しかし、一通りの賠償が済んだはずの現在、それをダシにして再び利益を得ようとする韓国の姿勢が、実は一番「徴用工」たちの尊厳を踏みにじっているのではないだろうか。

  
posted by ダーマン at 15:57| Comment(0) | 徴用工 | 更新情報をチェックする

「告げ口外交」――韓国の卑劣な手口

images.jpg

「告げ口外交」とは、2013年に発足したパク・クネ政権の外交方針であり、日本との歴史問題について第三国にアピールしていく、というものを指す。

こう書くと、「なんだ、いつもの韓国ではないか」と思われるかもしれないが、パク・クネ政権ではそれがより顕著なものになっている、ということである。

題材としては、やはり従軍慰安婦問題が中心であり、韓国はこれをアメリカ、ロシア、フランス、イギリスなどを相手に展開、日本の悪行を各国に訴え、国際社会から孤立させようという算段らしい。






一説によれば、「第三者に悪口を吹き込み、気に入らない相手を孤立させる」というのは、外交のみならず韓国人お決まりの行動であるというからイヤになってしまう。

「大統領の器ではない」と、ばっさりと否定する声にも頷ける。

ただ幸いなことに、韓国のこうした「告げ口外交」が成功し、日本が孤立する、という状況は今のところ訪れてはいない。

やはり国と国との関係においても、「日頃の行い」が大切ということだろう。

  
posted by ダーマン at 14:55| Comment(0) | 告げ口外交 | 更新情報をチェックする

2002年ワールドカップにおける韓国の八百長問題

2002年、日本と韓国の共催で開かれたワールドカップ。

実は大会中の判定をめぐって、韓国に八百長疑惑が持ち上がっているのをご存知だろうか。

韓国はこの大会でベスト4という好成績を残したが、複数の試合で韓国側に妙に有利な判定が頻発、「審判に賄賂を渡してそうした判定をさせたのでは?」との見方が強まっている。






これには実際に対戦したチームのみならず、各国のサッカー選手、監督、およびその他の関係者から非難の声が数多くあがっている。

共催国として恥ずかしい限りである。

日本のネット上でも、「ひどすぎる。これはサッカーを愛するすべての人に知ってもらいたい」「ルールを守れるようになるまで国際大会から締め出してほしい」などなど、韓国への怒りの書き込みが散見される。

「スポーツマンシップに乗っ取り、正々堂々戦う」こと。

サッカーに限らず、それはすべてのスポーツの基本だと思うのだが、そこは韓国、期待はできないだろう。

繰り返されるインチキの数々に、せめて巻き込まれないよう気をつけるばかりである。

  
posted by ダーマン at 14:53| Comment(0) | 2002ワールドカップ | 更新情報をチェックする

対馬に迫る韓国の魔の手!?

_MG_0588.jpg

当たり前の話だが、対馬は九州の北に位置する日本の領土である。

古くは『日本書紀』にもその記述があり、古来から近隣諸国との交易が行われるなど、歴史的にも重要な場所となっているが、一方でややこしい問題も持ち上がってきている。

あのやっかいな隣人、大韓民国がまたしても問題を持ち込んできたのだ。

まず第一に、密漁問題が上げられる。対馬近隣では韓国漁船による密漁(特にアワビ)が頻発しており、地元漁師の頭を痛めている。

また飲食店での無銭飲食や万引き、落書きなど韓国人観光客のマナーの悪さもある。






極めつけは毎度おなじみの領土問題であり、「対馬は韓国の領土」であるとして、1949年以降、日本側への返還要求が繰り返されているのである。

「韓国人ってこんな考えばっかり」「今日も対馬は韓国人だらけ」など、ネット上では対馬の現状を憂う声が散見される。

他にも最近話題となった仏像盗難事件など、対馬と韓国を巡る問題は数多い。

観光客が島にとって重要なのは分かるが、ここは毅然とした対応が必要なのではないか。

  
posted by ダーマン at 14:50| Comment(0) | 対馬 | 更新情報をチェックする

安倍政権の「地球儀外交」に世界が注目

s-127.06617E_39.06627N.jpg

安倍晋三総理大臣の積極的な外交姿勢が「地球儀外交」として注目を浴びている。

これは2013年初等の所信表明演説で語られた理念であり、「地球儀を眺めるように世界全体を俯瞰し、戦略的な外交を展開していく」という姿勢に立つ。

実際、総理はこの理念を体現するかのように、2013年中に25カ国を訪問。

民主党と比べるのもなんだが、在任期間中の海外訪問が菅直人8カ国、野田佳彦16カ国であったことを考えれば、その積極性がよく分かるというもの。






2014年に入ってからもペースは衰えず、中東・アフリカ4カ国に始まり、ブルネイ、トルコ、インド、ミャンマー、タイ、フィリピン、シンガポール、マレーシアと、アジアを中心に様々な国を訪れている。

こうした姿勢に対して、「お体に気をつけて、これからも日本のため、アジア(特アのぞく)のために頑張って下さい」「安倍政権は徳川幕府並に長期政権になりそうだな」など、ネット上では賞賛の声が数多く上がっている。

中国・韓国との外交問題ばかりが取りざたされるアジア情勢だが、こうした親日諸国の存在も忘れずにいたいものである。

  
posted by ダーマン at 14:49| Comment(0) | 地球儀外交 | 更新情報をチェックする

東日本大震災における自衛隊の活躍によって多くの国民が国防の重要性を知った!

20110314211056.jpg

60年代に安保闘争を繰り広げた左翼系の学生たちが、大学を卒業して向かった先がマスコミ業界だった。

そのため一部を除いた新聞やテレビは左翼的な偏向報道が多く、自衛隊もその標的とされ、批判の対象となり続けてきた。

このマスコミの印象操作によって、国民からも物騒な集団として見られる傾向があったが、2011年3月11日に発生した東日本大震災の際に、命懸けで救出に向かった自衛隊の姿がインターネットなどを中心に話題となり、自衛隊は保守的な国民のみならず、普段は政治などに関心のない多くの国民から見直され、感謝されることになった。






ツイッターなどでも自衛隊の活躍を画像と共に拡散され「自衛隊ありがとう」「日本の誇りです」といった直接的なメッセージから、「マスコミのネガティブキャンペーンにはもう騙されない!」といった意見、そして「自衛隊を軍にして防衛費を上げろ!」とより強固な存在にすることで日本の防衛力を高めるべきだといった書き込みが殺到している。

  
posted by ダーマン at 11:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。