2014年12月13日

他国を巻き込んで告げ口外交で日本糾弾を目論む朴槿恵大統領

c8506c0e.jpg

2012年の韓国大統領選挙で勝利、翌年2月25日に大統領に就任した朴槿恵は、知日家とされ日韓基本条約の締結に当たった朴正煕元大統領の娘だったことから、日本では日韓関係の改善が期待された。

しかし現在の韓国において、知日家・親日家の政治家が国民の支持を集めることは難しく、朴槿恵は就任直後に「加害者と被害者の立場は1000年経っても変わらない」とスピーチをして、反日姿勢を取り始めた。

また、外交においても同大統領の反日的な姿勢は変わらず、中韓首脳会談や米韓首脳会談の席上で、習近平国家主席やオバマ大統領に対して、慰安婦問題など日韓が抱える歴史問題に言及し、謝罪と賠償をしない日本を強く批判したのである。






日本政府に直接意見を言うのではなく、本来関係のない他国の首脳に日本批判を展開したことから、日本のメディアでは「告げ口外交」と呼ばれることになった。

韓国では困窮する経済など、多くの問題を抱え、多くの国民は政府に対して不満を抱いている。

そういった国民の怒りの矛先を日本に向けさせるために、朴大統領は反日を巧みに利用、他国と連携して日本を糾弾しようという魂胆があるようだ。

こういった同大統領の行動は、強い者に媚びへつらう朝鮮の伝統・事大主義そのものであり、日本ではネットユーザーなどから「やりかたがセコい」といった意見や「日本の悪口を言うしか能がないなんて馬鹿以外の何者でもない」といった意見が多く、日韓首脳会談の実現に異を唱えるユーザー、さらには国交断絶を叫ぶユーザーまでいる。

日韓関係は改善の余地がないほどに冷え切っているということだ。

  
posted by ダーマン at 21:00| Comment(0) | 朴槿恵 | 更新情報をチェックする

進む対馬の韓国化を止めなければならない!

1528.jpg

日本の歴史上、朝鮮半島や中国大陸との交流において、常に重要な役割を果たしてきた対馬だが、人口が減少し、経済的にも困窮を極めた。

すると朝鮮半島からたった50キロという位置にあることなどを理由に、韓国人観光客を積極的に受け入れるようになった。

島内の看板、標識はハングルを併記し、韓国客を喜ばせるために朝鮮通信使のパレードまで始めたのである。






しかし韓国人のマナーは悪く、路上で宴会をしていたり、ゴミを不法投棄するなど、多くの問題を抱えることになってしまった。

また、韓国人資本家による島内の土地買収も相次ぐようになった。

昭和天皇の行幸を記念して建てられた碑がある場所も、韓国人資本家に買収されたことから、現在日本人は見ることができなくなってしまったようだ。

この現状を受けて、島民たちは韓国人の受け入れを推進する「アリラン派」と、韓国化を止めようとする「防人派」に二分してしまっている。

当然、インターネットでは「防人派」を支持する者が多く、「もっと日本人は対馬に観光しないと駄目だ」と、島を経済的にサポートしようと呼ぶかける者もいるようだ。

  
posted by ダーマン at 16:00| Comment(0) | 対馬 | 更新情報をチェックする

就任以来アジアの友好国と関係を深める安倍外交!

6ad6a10d176e30aaff09d570b6a1bb44.jpg

2012年12月に行われた解散総選挙によって自民党が3年3カ月ぶりに政権を奪取、安倍政権が発足した。

首相に就任した安倍晋三は、民主党政権時に悪化していたアメリカとの関係に務める一方で、ASEAN3カ国を中心とした国々との関係を強化する外交を始め、現在に至るまで精力的な外遊を続けている。

安倍首相が関係強化に務めている国は、主に中国と領有権争いをしているアジア各国、そして西はインドやトルコなど、中国の周辺国ばかりであり、それらの国々との間で経済や軍事的に連携することで、覇権国家を目指す中国を包囲してしまおうという考えがあるようだ。






こういった安倍首相の外交術について、新聞・テレビなどの左翼系メディアでは「中国・韓国との首脳会談を一刻も早く実現させるべきだ」という批判もあるようだが、インターネットでは「反日を掲げる中韓なんて無視をして、親日国との関係をどんどん強化して欲しい」と反論する意見が目立つ。

また、膨張を続ける中国を危惧する国民が多いことから「中国を孤立化させるのは大賛成だ」と、安倍首相の外交手腕は最大限の評価を受けている。

  
posted by ダーマン at 14:00| Comment(0) | 安倍外交 | 更新情報をチェックする

UAEと無茶な契約を交わしてしまった韓国の未来は!?

img_1.jpg

中東でビルなどの建設受注を続けていた韓国は、UAEから原発建設を受注した。

しかし原子炉186億ドルのうち100ドル融資することや、原子炉稼働事故保険を60年保証するなど、とんでもない条件で契約をしていた。

そもそも韓国は日本に融資させ、東芝に管理維持させるつもりでいた。

しかし契約内容を知った東芝は撤退を表明したため、韓国は困り果ててしまった。






両国の間では「UAEにつくる原発と同型のものを韓国で建設し、安全に運転されていることをUAEに証明する」ことも約束され、その期限が2015年9月、もし間に合わなかった場合は「原発輸出違約金」を支払うことも決まっているという。

期限まであと1年ほどしかなく、どう考えても間に合わないことからネットで話題になった。

ブログなどでこの件に触れている者も多く、「たいした技術がないんだから原発輸出なんてするな」といった批判の他、「また日本に支援を要請してきそうで恐い」「この件も日本のせいにされそうだ」と、日本が巻き込まれることを心配する声も多いようだ。

  
posted by ダーマン at 13:00| Comment(0) | UAE 原発 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。