2014年12月15日

韓流の終焉。李明博の暴挙によって多くの日本人が韓国の実態を知った



2004年に日本で『冬のソナタ』がNHKで放映され第1次韓流ブームが到来、一部の中高年女性を熱狂させた。

また2010年頃にはK-POPが日本のメディアを賑わわせ、第2次韓流ブームに突入したのだ。

しかし熱狂したのは一部の国民だけであり、多くはアメリカの音楽のパクリであるK-POPに魅力を感じなかった。

それにも関わらず、フジテレビを中心とした日本のテレビ局が韓流を垂れ流したことにより、このブームが日本のメディアによってつくられたものであることがネットユーザーの共通認識となった。






そして韓流をゴリ押しするメディアに国民の怒りが爆発した象徴が、2010年8月に行われたフジテレビ抗議デモだろう。このデモによれば1万人以上の参加者が集まったのだった。

しかし韓流ブームは2012年8月に突如終焉を迎えることになる。切っ掛けは李明博前大統領が竹島に不法上陸だった。

さらに李大統領は天皇陛下に土下座を要求。

この行動はさすがに日本のメディアも報道しないわけにはいかず、するとこれまで韓流に熱狂していた中高年女性は「韓国がどんな国であるのか」を知った。そして韓流から離れていってしまったのである。

この一連の流れについて、ネット掲示板などでは「せっかく韓流を受け入れてやったのに大統領がすべてぶち壊すんだから韓国人は馬鹿だ」といった書き込み、或いは「これでやっとK-POPを聞かなくていいのかと思うと、李明博ありがとう」といった書き込みが目立ったようだ。

  
posted by ダーマン at 19:00| Comment(0) | 韓流 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。