2014年12月15日

チベットを制圧した中国による弾圧の実態

227813.jpg

蒋介石の国民党と毛沢東の共産党による内戦が続いていた中国だが、1949年に共産党が勝利を収めた。

すると共産党はチベットの侵略を開始して、チベットを武力で制圧した。

以降、チベットは「チベット自治区」とされ、それまであったチベット文化を破壊、チベット人の弾圧を始めたのである。

中国は建国以来、共産党内の権力争いに端を発した大躍進政策や文化大革命で多くの国民が犠牲になった。

その間、チベットも騒乱に巻き込まれ、チベット人大虐殺も行われた。

中国共産党による弾圧は当然今も続いており、120万人のチベット人が犠牲になったという話もある。






こうした現状を憂えたチベット僧が自らの体に火を点ける焼身抗議も乱発し、ネットでは情報が拡散されている。

多くのネットユーザーはこういった情報を得る度に心を痛め「中国共産党の正体をみんなに知らせるべきだ」と叫んでいる。

また、日本では新潟や名古屋の土地が中国人に買われ、在日中国人の数も増加傾向にあることから「このままでは日本もチベットのように中国に侵略されてしまう」と呼び掛ける者も多くいるようだ。

  
posted by ダーマン at 16:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。