2014年12月11日

在日韓国・朝鮮人のみに与えられた在日特権とは……!?

41D9XLELToL.jpg

日本に住む外国人にだけ与えられた権利で、主に在日韓国・朝鮮人の特別永住者を対象に与えられている。

特別永住者は、そもそもは仕事を求めて自らの意思で日本に移住してきた者ばかりであるが、「強制連行されてきた」と嘘を主張し、日本政府に多くの権利を求めてきた。

その結果、彼らは多くの権利を得ることになったのだが、入管特例法は代表的な特権と言え、昨今「ヘイトスピーチ」とされる抗議活動が話題になっている『在日特権を許さない市民の会』は、入管特例法の廃止を一番の目的に掲げている。





入管特例法は在日韓国・朝鮮人のみに認められた永住資格の付与であり、日本人と同等の権利を与えられることになった。

そのため、他の外国人が日本で犯罪を犯したら、日本で刑期を受けた後は国外退去処分となる。

しかし在日韓国・朝鮮人は、犯罪を犯しても日本に滞在し続けることができるのだ。

こういった特権に対する日本人の怒りは凄まじく、ネットでは「今すぐすべての在日特権を廃止せよ」や「在日を朝鮮に送還すべきだ」という声が他を圧倒している。

また、「入管特例法という特権を在日韓国・朝鮮人のみに与えることは、他の外国人に対する差別だ」という的を射た主張をしているネットユーザーもいる。

  
posted by ダーマン at 12:00| Comment(0) | 在日特権 | 更新情報をチェックする

2014年12月06日

国民の知らない「在日特権」の真実

zainitiomotec_2.jpg

「在日特権を許さない市民の会」の活動により、最近注目が集まっている「在日特権」。

調べてみると、そのあまりに豊富な内容に驚かされる。

まず所得税、住民税などの各種税金の免除に始まり、通名報道、大学受験面での優遇措置、プロスポーツの在日枠など、とにかく生活のあらゆる分野に「特権」が広がっていることが確認できる。






また生活保護制度の利用に関しては、在日韓国朝鮮人の割合が高いことはたびたび指摘されている通りであり、中には高級車を所有しつつ不正受給を受けていたケースなども見受けられる。

日本人が受給を受けられず、餓死者まで出ている一方でこの始末では、やはり何らかの「特権」が絡んでいることは想像に難くない。

「この現状を日本人は許せるのか」「外国人は合法的に脱税できるということ」「即時撤廃だ!」など、ネット上で散見される憤りの声も当然だろう。

「弱者」の皮を被った特権階級、「平等」の名を借りた差別、それらが今、ようやく白日の下に晒されようとしているのである。

  
posted by ダーマン at 18:00| Comment(0) | 在日特権 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。