2014年12月11日

コピノ問題 韓国のフィリピンでの横暴を許してはならない!

b0049893_14392622.jpg

韓国人男性と現地のフィリピン女性の間に産まれた子どもをフィリピンでは、コリアンとフィリピーノを組み合わせた言葉「コピノ」と呼ばれている。

フィリピン国内で1万人を超える人数がいると言われているが、そもそもコピノが増加した理由は、多くの韓国人男性がフィリピンで売春旅行のほか、女性に対して無責任な性交渉を続けたことにあった。

また、フィリピンでは1930年より堕胎が違法になったことも、増加の原因となっているようだ。

当然、女性が妊娠をしたときには、韓国人男性は自国に帰国している場合が多く、仮にまだフィリピンにいたとしても、責任を取ることは滅多にない。






そのため産まれたコピノは父親のいない貧しい環境で強いられることになる。

このような現状に、具体的な対応策が取られてはいないようだが、今後はベトナムにおけるライダイハンと同様に、国際問題化する可能性もあるだろう。

日本でもインターネットを中心にコピノの存在が知られるようになり、「他国でこのような酷いことをしている韓国人が、慰安婦問題で日本を責める資格があるのか」と、批判的な意見が目立っている。

このような事実を世界に広めることこそ、慰安婦問題を解決させる第一歩になるかもしれないことから、ツイッターやフェイスブックでは「拡散」を呼び掛ける者も増加している。

  
posted by ダーマン at 11:00| Comment(0) | コピノ | 更新情報をチェックする

2014年12月06日

韓国の歪んだ欲望が招いた悲劇、コピノ

b0049893_14392622.jpg

「コピノ」という言葉をご存知だろうか。

これは「コリアン」と「フィリピン」を組み合わせて作られた言葉であり、韓国人男性とフィリピン女性との間に生まれた子供を意味している。

2008年のデータによれば、コピノは韓国人の多いマニラ首都圏だけで1500人以上がいるとされているが、そのほとんどは貧しい生活を送っており、教育も十分に受けられていないのが現状であるという。






原因としては、父親となる韓国人の無責任な態度が上げられる。

コピノのほとんどは韓国人による売春や暴行の結果生まれた子供であり、当然認知されることはまずない。

誕生の原因として、フィリピン国民の大多数を占めるカトリックの教義上、避妊や中絶が禁じられていることを指摘する声もあるが、韓国人男性の無責任な態度がそれに拍車をかけていることは明らかである。

「自国のことは棚に上げ日本には言いたい放題」との書き込みが見つかったが、韓国の態度を示したものとしてこれはまさしく言い得て妙である。

多くのコピノが陥っている厳しい状況について心を痛める良識など、かの国に期待するだけ無駄ということだろう。



  
posted by ダーマン at 22:00| Comment(0) | コピノ | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。