2014年12月08日

お粗末!仁川アジア大会で韓国のお家芸連発

韓国で開催されたアジア最大のスポーツの祭典、仁川(インチョン)アジア大会で韓国が自国の選手が有利になるような計らいをしていると、参加各国の関係者から批判の声が続出しました。

バトミントン会場の日韓戦で吹き荒れた「疑惑の風」騒動を皮切りに、ホーム特権を活かした不可解な指摘を韓国はおこなっていたようです。

さらには運営もお粗末で韓国らしい不手際を連発。

仁川アジア大会で起きた、バトミントンの空調操作疑惑に関しては、日本だけではなく、友好国であるはずの中国からも「バトミントン技術以外のせいで負けた」と噛み付かれる始末。





中東の笛ならぬ、韓国の風、にインドネシア、マレーシアからも抗議を受けて、総スカンをくらいました。

ネット上では、「中国にダメ出しされるって、よっぽど酷いんだろうなとw」「勘違いするな。この国がお粗末じゃない事があったか?」「無能国家として世界に大恥をさらせ」などの意見が見られました。

2018年に開催される、平昌(ピョンチャン)冬季五輪の暗雲は、さらに濃くなったといえるでしょう。

  
posted by ダーマン at 18:00| Comment(0) | 仁川アジア大会 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。